アフターピルの効果・副作用は?

アフターピルの副作用は?

アフターピルは、別名モーニングアフターピルと言われている薬です。ピルは避妊に失敗をしてしまい、しかし妊娠を希望していない女性に対して作られた薬です。

 

アフターピルを飲むタイミングとしては、避妊に失敗をした72時間以内に1回、そしてそれから12時間後にもう1回服用するパターンと、飲み忘れを防ぐことができる72時間以内に1回だけ内服すればいいパターンと2種類あります。アフターピルを飲むことで妊娠の確率を0に近づけるものですので、子宮内膜をはがしたりと受精を妨げる役割のホルモンがたくさん含まれているため中用量ピルという種類に分類されています。72時間以内に飲むと決まりはありますが、早ければ早いほど受精の確率は低下していきますので、望まない妊娠をしたくないのであれば早めに対応する場合があります。その一方、低用量ピルという薬も存在します。この低用量ピルは中用量ピルよりもホルモンの量が少ないため毎日服用できますが、アフターピルのようなホルモンが多い中用量ピルの場合は体にもそれなりに負担をかけてしまい、副作用としても吐き気や頭痛に悩まされることもありますので、毎回飲むことは避け、万が一の時のみに服用することが大切です。

 

アフターピルを手に入れる方法としては、まずは病院に受診を必ずしてから医師の指示の元で処方を受けることが大切です。最近ではネット通販で海外製のピルを簡単に手に入れられるようになっています。しかし海外製ですので日本人の体向けに作られているわけではないので副作用などを考えると怖い部分もありますので、まずは病院へいきましょう。

 

アフターピルの価格は保険適用外になってしまうため実費で払う必要があります。実費の場合は、だいたい3000円〜15000円とその病院によって価格設定が異なりますのし、またアフターピルは血を固める作用があるので使用してはいけない疾患を持っている女性の方もいると思いますので必ず病院で医師に確認することをおすすめします。